雪猫の軽滑★ブログ

スノーボード、グルメ、旅、車中泊を愛車の軽で♡

【〇〇な話】新入社員の頃の失敗談【お中元・お歳暮】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ポチリシテホシイナー

こんにちは、雪猫です(๑❛ᴗ❛๑) 

 

今回は、田舎熟女繋がりのヤギネさん(めちゃ面白い!)が書いた、

ロミオのクリームボックスを食べたよ【福島県郡山市のご当地菓子パン】 - 大人女子ヤギネの食レポブログ

の記事を見て思い出したので、

自身の失敗談を恥ずかしげもなく披露してみようと思います٩( ᐛ )و

 

私がスノーボードで山篭りする前に勤めていた職場でのことです。

 

その会社では、様々な商品を取り扱っていました。

その中には、お中元やお歳暮の時期に贈答品として販売される商品もありました。

 

7月、12月は普段の業務に加え、お中元・お歳暮の作業で大忙しです。

 

住所入力、伝票発行、包装、発送など一連の作業を女子社員で行っていました。

同じ部の先輩2人と、違う部の先輩一人と新入社員の私の4人です。

f:id:yukinekokei:20190801195023j:image

色んな得意先の会社から、毎日何十件、何百件もの発注が入り、休めば溜まって自分達の首を絞めることになるので、その一ヶ月は毎日残業です。

忙しくて、くたくたで、逆にハイになってくるというやつです。

 

入社一年目のお中元時期は無事に終了。

忙しかったけど、残業代がめちゃ付くので終わってしまえばホクホクでした。

 

そして、その年の12月。

お歳暮の忙しい時期がまたやって来ました。

f:id:yukinekokei:20190801182807j:image

お中元を経験しているので少しは慣れていますが、やはり大忙しです。

ひたすら作業を進めるのみです。

 

そんなある日、会社に出社すると何だかザワついていました。

 

 同じ部の先輩から、

お歳暮なのに、間違えてお中元ののしで発送したみたいだよ。」

そう言われた瞬間、はっとしました。

 

いつも棚から出していた短冊形ののし。

 

その棚には、お中元お歳暮ののしが両方置いてあります。

f:id:yukinekokei:20190801182837j:image

そこから私が間違えてお中元ののしを取ってしまい、商品に貼り付けたのです。

普通なら気付くであろうお中元の文字ですが、めまぐるしく作業する中で、私はそれに気が付かず包装してしまいました。

f:id:yukinekokei:20190801161624j:plain

発送先の方から、間違ってお中元が届いたと、発注したうちの得意先に連絡が入り発覚。

件数でいうと20件ほどです。

 

 「すみませんーー!!!」

アワアワしている私に対しては先輩から、

「次から気をつけようね。」

と少しだけ注意を受けたものの、新入社員だったということもあり、上から厳しく言われることはありませんでした。

 

担当部署の部長は得意先への謝罪。

そして、その後は別の部署の入社2年目の先輩が対応してくれました。

 

ごめんなさい( ;_;)!!

以後気をつけます( ;_;)!!

 

落ち込んだものの、

 

でもよかった。

これで終わった。

 

そう思っていた数日後のこと。

 

またしても社内がザワついています。

私以外の先輩3人が、もっと上の役員達に呼び出されました。

 

その3人は私以外のお歳暮メンバー。

すごく嫌な予感です。。

 

1時間後。

3人の先輩が会議室から出てくると、その中の一人の先輩が目を真っ赤に腫らしていました。

入社2年目の先輩です。 

 

私の嫌な予感は的中しました。

やはり、先日私が間違えてお中元ののしを貼った得意先のことでした。

 

のしを間違ったことで、得意先が怒って大変なことになってるんだ。

そう思いました。

 

だけど、少し違いました。

入社2年目の先輩のその後の対処方法が問題でした。

 

その先輩は、

 

のしはお中元と間違えたけど、商品は間違えていない

よし、正しいのしを送ろう!

 

という柔軟な発想で、

なんと、A4サイズのお歳暮ののしだけを1枚ずつ封筒に入れて送付したのです。

 Σ(゚д゚lll)

f:id:yukinekokei:20190801182928j:image

ぉぉぅ、先輩さすがにそれは・・・

 と、ちょっとだけ思いましたが、

私にそんなことを言う資格はありません。

 

あたり前田のクラッカーです。

(うちの父がよく言うよ)

 

初めにのしを間違わなければ、そんなことも起こらなかったのです。

申し訳なくて、申し訳なくて、たまりませんでした。

 

目を真っ赤にしている先輩に、

「私が間違えたせいで、

すみませんでした( ;_;)」

そう謝ると、

「いいよ、私が全部悪いんだから・・・」

先輩はそう答えていましたが、

 

お前が間違わなければ~~ (;`皿´)ムキー

オーラが出まくりでした。

あたり前田のクラッカー・・・ゴメンナサイ

 

その後は、担当部長が届け先に1件1件謝罪行脚。

部長もゴメンナサイ( ;_;)

 

そんな時、(;ェ;`)シュンとなっている私を見た別の部長が、

「大丈夫大丈夫!そんな失敗、なんてことないよ!2年前なんかね、」

過去の例を取り上げて慰めてくれました。

 

続きはこうです。

 

「2年前なんかね、3,000円のお歳暮の注文を1桁間違えて100件発注した子がいて会社大損したんだからー!わはは!!」

 

え!!Σ(゚д゚lll)

 

3,000円を

 

一桁間違えた?

 

つーことは、

30,000円!?

 

を100件? 

 

30,000円 x 100件

 

つーことは、

 

3,000,000 円

 

さ、さんびゃくまんえんー!!!!

(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

 

f:id:yukinekokei:20190801183006j:image

なんと、2年前には女子社員の金額発注ミスで、会社が300万円かぶったそうです。(間違えて送られた人は思いがけず3万円のお肉にありつけた)

 

自分が間違えたのし問題なんて、ちっぽけに思えてぶっ飛びました。

 (ええ、人の失敗で自分が立ち直る私は醜い人間ですよ。でも部長ありがとー)

 

それにしても、

世の中、

上には上がいるもんだ

 

以上、新入社員の頃の私の失敗談と、それを上回る他人の失敗談でした★

 

 

↓【〇〇な話】繋がりです★

www.yukinekokeikatsu.com

www.yukinekokeikatsu.com

www.yukinekokeikatsu.com

www.yukinekokeikatsu.com

www.yukinekokeikatsu.com

www.yukinekokeikatsu.com