雪猫の軽滑★ブログ

スノーボード、グルメ、旅、車中泊を愛車の軽で♡

【広島 旅】大人気スポット★700羽のウサギ天国大久野島の楽しみ方【うさぎ島】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ポチリシテホシイナー

f:id:yukinekokei:20190601223201j:plain

先日、癒しを求めてウサギの楽園大久野島へ行ってきました♡

ここへ来るのは1年半前に訪れて以来2度目です。

 

前回の経験から得た、次に行くときはこうしよう!というポイントを交えながらレポートしていこうと思います♪

 

大久野島詳細

かつては毒ガスを製造していた島

瀬戸内海に浮かぶ周囲約4kmの小さな島。国立公園に指定されています。

かつては旧日本軍の毒ガス工場があり、極秘で毒ガスが製造されていました。極秘にされていたため、地図から存在を消されていたこともある島です。

島を一周していると、工場や発電所、砲台跡などが至る所に残っています。

700羽を超えるウサギ達

島には沢山の野生のウサギが生息しています。

もともと地元で飼われていた数羽のウサギが、現在では700羽(今はそれ以上とも)にまで増えているんだそう。

数年前にyoutubeで、何十匹ものウサギに絨毯のごとく追いかけられて、楽しそうな映像が話題になりましたよね。

その映像が拡散されて海外からの観光客にも大人気のスポットです。

アクセス

広島県竹原市にある忠海港から船で渡ります。(盛港からも出ています。)

駐車場  

船乗り場の横に無料駐車場あり。

f:id:yukinekokei:20190603085430j:plain

 運賃 

忠海港&盛港から(どちらとも料金同じ)

大人片道310円往復620円

子供片道160円往復320円(子供は小学生まで)

幼児(未就学児過)無料

f:id:yukinekokei:20190602235615j:plain

ピンクのポスト可愛い〜😻

 時刻表

船の時刻表は下の通り。本数はそんなに多くありません。

タイミングを逃すと1時間以上待つ時間帯もあるので、船の時間を調べてから港へ向かった方がいいです。

f:id:yukinekokei:20190603001735j:plain

所要時間

忠海(ただのうみ)港から

約15分 

盛(さかり)港から

約20分

 

フェリーに乗って出発♪♪

f:id:yukinekokei:20190603085144j:plain

この日は日曜日だったのですが、8時30分の早い便だったので人の多さはあまり気になりませんでした。

 

ウサギからのお願い

フェリーに乗ると、待合室の中にウサギからのお願い事が貼り出してありました。

文章のまま載せておきますね。

 

♡追いかけまわしたり、抱っこしないでねネ!

ウサギは弱い動物です。ストレスがたまりやすく骨をおったりケガをしやすいため、追いかけまわしたり抱っこしたりしないでください。病気やケガをすると野生環境で暮らせなくなってしまいます。

♡道路や道路脇、玄関前でのふれあいはダメ!

ウサギにとって島内を走るバスや自転車は危険な乗り物です。人やウサギが安全に過ごすためにも道路や道路脇、建物の玄関前ではウサギとふれあわないでください。また、島内での運転は人やウサギに充分気をつけてください。

♡口もとに手をやらないでネ!

ウサギは歯がするどく目があまりよくありません。口もとでエサを与えるとかまれてケガをします。小さなお子様には充分ご注意ください。

♡お菓子やパンを食べさせないでねネ!

ウサギはかぎられたものしか食べることができません。人間とちがっていろんな食べものを口にすると体の調子をくずしてしまいます。

♡ゴミをポイ捨てしないでネ!

ゴミのポイ捨ては汚すだけでなく、それを口にしたり釣り糸がからまったりと島にすむ動物たちにとっても深刻な問題です。ゴミのポイ捨てはやめてください。

♡島にウサギをすてないでネ!

飼育されていたウサギはきびしい自然環境の中で暮らしていくことができません。ウサギに限らず。島に生き物を置いて帰ることはやめてください。

とのこと。マナーを守って島を満喫しましょう♪

f:id:yukinekokei:20190602204930j:plain

うさぎ島にもうすぐ到着

島が見えてきました。

ここからが本番♡

この辺りから、ワクワクが止まらず鼻息も荒くなってくる私。笑

大久野島に着いたら

船の時間に合わせて休暇村から無料送迎バスが運行されています。

f:id:yukinekokei:20190603003755j:plain

休暇村本館までの無料送迎バスが待機

選択1.ウサギと触れ合いたい気持ちをグッと我慢しバスに乗る

私はこちらを選択。

f:id:yukinekokei:20190603101116j:plain

無料送迎バスに乗る

なぜなら、ウサギが沢山いる本館前の広場に早く行きたいから。

&本館からのレンタル自転車に乗って島を一周したいから。

港から本館までは歩いても行ける距離なのですぐに到着します。(帰りは歩いた。)

 

選択2.バスには乗らず早速ウサギと触れあいながら歩く

バスには乗らず、ウサギと触れ合いながらゆっくり歩くのもアリです。

f:id:yukinekokei:20190603101223j:plain

港に到着した瞬間からウサギ祭り

あっちもこっちもそっちにもーかわい子ちゃん達が沢山いるので、バスに乗る時間ももったいない!という方にはよいかと思います。

 

船から降りて左方向へ向かうと休暇村本館があります。

(まあ島なので右に向かってぐるりと一周しても到着しますが。笑)

 

港から本館の間にはキャンプ場も。

f:id:yukinekokei:20190603004427j:plain

f:id:yukinekokei:20190612120313p:plain

ウサギ島キャンプ場

設営してあるテントなので手ぶらでキャンプを楽しめます。(テント持ち込み禁止・要予約)

次はキャンプして朝から晩までウサギたんと遊ぶんだ!と意気込んでいたけど結局日帰り。笑

 

休暇村本館へ到着

f:id:yukinekokei:20190603002523j:plain

休暇村本館

ここは宿泊もできるし、レストランで食事もできるし、日帰りラドン温泉もあります。

レンタル自転車も入ってすぐのフロントで受付で手続きします。

ウサギと触れ合うポイント

オススメの時間帯

午前のなるべく早い時間に島へ渡ることをオススメします。

船に乗る前から、いや家を出る時から、いや寝る時から心得ておかないといけないですが。笑 

可能ならなるべく早い時間に行ったほうがよいです。

 

基本ウサギ達は夜行性なので、早朝と午後は夕方くらいから活発になるそう。

そして!観光客がまだ少ない朝の時間帯は、ウサギ達はお腹ペコペコ状態!

前回訪れたときは午後入りしたのですが、すでにお腹いっぱいなのか「まー食べてやってもいいけどよー」ってノリだったり、「もーいらんがな」と無反応な子も多かったんですよ。笑

 

そこで今回は8時30分のフェリーで渡って挑むことに。(本当は始発で行く予定だったけどさ😑)

予想通り、前回それほど寄ってこなかった場所に行っても

「ごはんごはんー!!」

目をキラキラさせながら遠くの方から駆け寄ってきます。

f:id:yukinekokei:20190602204822j:plain

うさぎ猛ダッシュ

ぐいぐい来てくれます♡♡

f:id:yukinekokei:20190603102656j:plain

ウハーーー!!!!!!♡♡♡

オススメの餌、島で販売してる?

島にはウサギの餌は売っていません

なので、船に乗る前に用意しておきます。

港のチケット売り場でも小袋で買えますが、それじゃあ物足りない!&割高。笑

ということで、事前にスーパーやペットショップなどでこちらの3点を用意しました。

前回訪れた時に好評だったのでオススメですよ♪

f:id:yukinekokei:20190602212938j:plain

キャベツ丸ごと ペレット ビスケット

キャベツ丸ごと

基本みんな好き。たまに飽きて食べない子もいる。

人参みたいに切らなくてもいいので楽ちんです。重いけど。笑

ペレット

キャベツよりペレットの方が食いつきがよい。

2つ並べるとだいたいペレットから食べる。

ただ、子ウサギはキャベツの方が好きな子も多かったです。

お酒を覚える前の未成年て感じでしょうか?笑

ビスケット

みんなが大好きウサギのおやつ。一日にあまり多くあげない方がいいと思うので、これはキャベツもペレットも飽きてる子の為の特別メニュー。 

 

服装はどんな格好がよい?

ウサギと戯れることメインなら(ほとんどの方がそうだとは思いますが)結構歩くのでなるべく動きやすく疲れにくい服装がよいと思います。

ちなみに私は、なりふり構わずウサギと戯れたい&日焼けしたくない人だったので、

帽子、首にタオル、マスク、日焼け止めアーム、ポーチはペラペラの軽いやつ、動きやすいカーゴパンツ、軽くて歩きやすいスニーカー、

という徹底した完全日焼け止め防備&軽やかさを重視した結果、

 

こうなりました↓

 

 

 

f:id:yukinekokei:20190602220514j:plain

完全防備

いやどー見ても

畑で種まいてるおばちゃんやないかーい!笑

タオルがいいアクセントになってるわー

ウサギ写ってなかったら完璧よ。笑

 

いいのです。ウサギと楽しく遊べれば。それでいいのです。笑

 

 あと、写真に写っていない首元に大活躍の見えないアイテムがありまして。

f:id:yukinekokei:20190602223516j:plain

首から下げる充電式ミニ扇風機。

キャンディ型みたいに持つやつじゃなくて、角度が変わるので手で持たなくても好きな箇所に風が当たります。

歩く時もだけど、ベンチに座ってランチを食べる時なんかほんと最高ですよー

熱中症対策のドリンクもお忘れなく。

4.ウサギはどこにいる?

ベンチの下や木陰に沢山寝そべっていますよ。

f:id:yukinekokei:20190603111016j:plain

日陰に潜むウサギ達

 

人間でも快適に過ごせそうなす場所はウサギにとっても快適なんですね^^

ラブラブカップルみたいにウサギ同士でピッタリくっついてたりして癒されます♡

本館前広場のうさぎ

本館前にはだだっ広い広場があります。

ここには沢山のウサギが潜んでいます♡

f:id:yukinekokei:20190609181001j:plain

休暇村本館前の広場

さあ、ウサギたんを探してみましょう!!

まだ9時過ぎなのに、さっそく鈍い子発見!

f:id:yukinekokei:20190602233446j:plain

ウサギ微動だにせず

ペレットにも微動だにせず。笑

f:id:yukinekokei:20190603005952j:plain

キャベツを鼻にグイグイやってみても微動だにせず。

頭に指の後がついたまんま。笑

こいつぁ強敵です。

お嬢さんよー(お兄さんかもだけど)

そっちがそういう態度に出るなら、こっちにも考えがあるんだぜー

f:id:yukinekokei:20190603104050j:plain

てってれれ~~~♪♪

秘密兵器、うさぎちゃん用ビスケット~~~!!

 

これでどうだー!

 

f:id:yukinekokei:20190603010441j:plain

ウサギついに負けを認める

勝った。笑

でもビスケットは特別な子だけにしかあげませんよ😋 

 

 賢い子発見!

f:id:yukinekokei:20190603111545j:plain

ウサギ、本館前に待機

f:id:yukinekokei:20190603111650j:plain

ここら辺にいたら建物から出てくる観光客を独り占めです。頭いい。笑

 

餌を置いたままベンチから離れている隙に、

f:id:yukinekokei:20190603113159j:plain

ベンチに飛び乗る盗人発見!

f:id:yukinekokei:20190603113011j:plain

ウサギ、乗っ取り作戦開始

f:id:yukinekokei:20190603113452j:plain

ウサギ、ついに乗っ取る

ここにも面白い子発見!

f:id:yukinekokei:20190603143923j:plain

首だけウサギ

寝そべったまま首の角度だけかえて餌を食べるウサギ。

ぐうたらか!笑

 

沢山のウサギ発見!

f:id:yukinekokei:20190609184020j:plain

さあ、この中にウサギはなん匹いるでしょうか?

 

 

答えは・・・

 

 

f:id:yukinekokei:20190609184133j:plain

14匹でした♪

 

このままだと広場で1日過ごしちゃいそうなので(お弁当持ってそれもアリ)心を鬼にして次の行動へ。

島を一周する方法

徒歩で島一周

約4kmの島一周お散歩コースは歩くと約70分。

ダイエット&運動不足解消には良いかも。

ウサギに夢中になってなかなか進まないかもしれません。笑

f:id:yukinekokei:20190603120111j:plain

歩いて行ける距離まで行って引き返してもOKです♪

f:id:yukinekokei:20190603115824j:plain

途中山頂へ上がる階段が何か所かありますが、残念ながら昨年の豪雨により全て通行止めとなっていました。

f:id:yukinekokei:20190603115844j:plain

復旧したら山頂まで上がって島から見える綺麗な景色を眺めたいな~

レンタサイクルで島一周

疲れるのはちょっとな~でも島一周したいな~

という方にはレンタル自転車をオススメします。

私もこちらをチョイス。

そして、断然

電動自転車!!

f:id:yukinekokei:20190603131628j:plain

最初の方に出てくる上り坂

途中上り坂もあるので、スノーボードシーズン終了してから何の運動もしていないぐうたら人間には電動じゃないとキツイんです。笑

ちょっとペダルを踏んだだけで、上り坂もス~イスイ♪

ウサギの餌など荷物も籠に入れて楽ちんです。

 

自転車レンタル料

宿泊者 

普通自転車400円 

電動自転車600円

ビジター 

普通自転車600円 

電動自転車800円

最初に預り金として+1000円(最後に返金されます)

子供用に16インチ(補助輪あり・なし)と20インチのサイズもあるようです。

料金はサイズ問わず同じ料金です。

島を一周した様子

 さーここからは島一周の様子をどんどん写真を載せちゃいますよー。

百聞は一見にしかずです。←書くのに疲れただけのブログ初心者。

自転車で島を一周するときは時計周りです。

ウサギや他の人に接触しないように安全運転が必要です。

島の景色やウサギ達

f:id:yukinekokei:20190603131832j:plain

自転車停めてウサギと戯れる

f:id:yukinekokei:20190603132201j:plain

戯れる

f:id:yukinekokei:20190609125606j:plain

どんどん戯れる

f:id:yukinekokei:20190603132252j:plain

戯れきれない子現る。笑

まだ人間に慣れきっていない子ウサギもいます。

食べたいけど人間怖い・・・

3~歩進んで2歩下がる~♪

みたいな。笑 腰引けてます。笑

 

人参飽きてる子発見!

f:id:yukinekokei:20190603144958j:plain

人参飽きてるウサギ

人参もーええって!みたいな顔になってます。笑

人参は食べやすくスティック状などに切ってあげた方がいいですね。

この子はペレットをあげると嬉しそうにバクバク食べてくれましたよ♪

 

そして、ウサギだけじゃなく、

f:id:yukinekokei:20190603132415j:plain

景色がとっても綺麗で和むんですよー♡海の水も澄んでる。

夏は海水浴場にも利用されるようです。

f:id:yukinekokei:20190603132541j:plain

お弁当持って、ここでゆっくりしても良さそう!

サンドイッチを作って持ち込んでいたのですが、自転車レンタル中なので返し終わってから広場でゆっくり食べました。

前回来た時に、2時間のレンタルなんてあっという間!ということを学んでいたので。笑

ウサギと出会う度に立ち止まって触れ合っていると、楽しくてあっという間に時間が過ぎて行きます。

2時間を超えると、更に2時間の追加料金が発生するので要注意。

ちなみに前回は10分程オーバーしてしましたが、追加料金なしでOKでした(;'∀')ゴメンナサイ

 

子ウサギの兄弟に出会いました。

f:id:yukinekokei:20190603134109j:plain

この子達は懐いています♡

f:id:yukinekokei:20190603134250j:plain

やばいーー

キュンキュンくるーーー♡♡

どんなところにも萌え隊員が待ち構えています。

f:id:yukinekokei:20190603140635j:plain

やばいやばいやばいーーー

キュン死ぬーー(*ノωノ)♡♡

「人間に可愛く見せる方法」など、夜な夜なウサギ会議してるんじゃなかろうか。笑

f:id:yukinekokei:20190603141837j:plain

石垣の上にも。色が目立たないので人が見つけにくいらしく、人通りが多い道でもお腹を空かせていました。目立たない場所のウサギちゃんも探してみましょう♪

f:id:yukinekokei:20190603141902j:plain

少し高い場所にも。

隠れ萌え部隊発見!

f:id:yukinekokei:20190603141923j:plain

めいっぱい腕を伸ばしてカメラを向けると、奥の方には子ウサギが沢山いました。

 まだ人間に慣れていないので奥に入ったり、ちょっと出てみたり。

f:id:yukinekokei:20190609184802j:plain

色んな所にウサギが掘った穴があります。

恥ずかしがりやの子は隠れているかもしれませんね。

 

キャンプ場の様子です。

f:id:yukinekokei:20190603141524j:plain

キャンプ場

f:id:yukinekokei:20190603141600j:plain

キャンプ場

次来るときはキャンプしたい!!と、前回も言っていたな。

f:id:yukinekokei:20190603142805j:plain

ウサギの耳体験

ウサギの耳だとどんな風に聞こえるのか疑似体験できるスポットもあります。

ウサギの耳の下に頭を入れて周りの音を聞くと、音が耳に集中してほわわわーんって感じでしたよ。(いや、レポート下手くそか!)

f:id:yukinekokei:20190603154323j:plain

2時間たっぷり使って、本館ただいま~

毒ガス製造の歴史跡

f:id:yukinekokei:20190603134601j:plain

北部砲台跡

島を一周していると、毒ガスを製造していた頃の名残が数か所あります。

 

こちらは日露戦争が始まる1902年に設置された砲台跡。

島には北部・中部・南部の3か所の砲台が設置され、合計22の大砲が置かれていたそうです。

f:id:yukinekokei:20190603134921j:plain

毒ガス貯蔵庫跡

旧陸軍は1929年から終戦まで、この島で密かに毒ガスの製造を行っていました。

戦争が終わるとこの島にあった毒ガス工場や製品を1年かけて処分したそうです。

この建物はその時に火炎放射器で焼却したため、内側が黒く焼け焦げています。

f:id:yukinekokei:20190603150020j:plain

発電場跡

毒ガスを製造する際に、電力を供給していた発電場跡です。

また、1944年11月から1945年4月までの間、風船爆弾の風船を膨らませ、弱い部分を補修する作業も行われていました。

使用された風船は、動員学徒の女学生が和紙をこんにゃく糊で貼り合わせて作っていたそうです。

f:id:yukinekokei:20190603151052j:plain

芸予要塞時代の桟橋

芸予要塞時代に石で造られた固定の桟橋です。

当初は人間の上陸に利用されていましたが、その後は資材などを陸揚げするために使われました。

その後新たに整備された、表桟橋や西側の桟橋が使われるようになりました。

本土からよく見えるこの桟橋は、毒ガス工場の秘密を守るために使用されなくなったようです。

f:id:yukinekokei:20190603152654j:plain

大久野島毒ガス資料館

この島で毒ガスを製造した過程で多くの犠牲者を出すに至ったこと、この痛ましい事実を今に伝えるため昭和63年に建設されました。

当時の資料が展示されています。

 

料金

19歳以上 一般100円 団体(20名以上)80円

19歳未満 一般 50円 団体(20名以上)40円

 

次回はウサギだけでなく、こちらにも目を向けてみようと思います!

帰りの船便は事前にチェック

冒頭での船の時刻表にもある通り、帰りも本数は少なめなので事前にチェックしておいたほうがいいと思います。

本館から港までの送迎バスも、船の時刻に合わせてあります。

私は船の時間までたっぷり余裕があったので、帰りは港までウサギと触れ合いながら歩きました♪

少し早めに港に到着しても、そこにもウサギ達が沢山いるので待ち時間も苦じゃないですよ。

最後に

うさぎの天国大久野島は、人間をも天国にいざなう超癒しの島でした♡♡

 

 ↓うさぎ島前日はこちらで車中泊☆

www.yukinekokeikatsu.com