雪猫の軽滑★ブログ

スノーボード、グルメ、旅、車中泊を愛車の軽で♡

【奈良 旅遊び】奈良観光の思い出作りに★電動ろくろ初体験【ならまち万葉陶芸教室】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ポチリシテホシイナー

こんにちは、雪猫です(๑❛ᴗ❛๑) 

 

最近、旅に出るとよく雨に降られます。

雨女なのか。

 

先月の四国でも雨でした(´-`)

人間は修行、車はドカンてやられました。↓

www.yukinekokeikatsu.com

 

もうじき、台風女誕生の予感がします。

 

今回のフラリ関西も雨(つД`)

 もー景色とか諦めたε(○`ε´○)

 

食うか遊ぶかじゃ!

 

雨でも楽しめる場所は無いかなー。

関西・雨・遊びで検索すると。

 

奈良公園近くにめちゃ楽しそうな陶芸教室発見!!Σ((○゚∀゚σ)

 

電動ろくろだ!

くるくる回るゴーストのやつ!!

(最近の若者はゴースト知らないか?笑)

 

 前からやってみたかったんだよー

+゚☆ヽ(*゚ω゚*)ノ☆゚+.゚

むしろナイス雨!

 

予約

てことで、2日前にこちらから予約して↓

www.jalan.net

さっそく行ってきましたよーヾ(*´∀`*)ノ

カレンダーで予約状況がすぐ分かるので便利でした!

陶芸教室詳細

◆教室◆

ならまち万葉陶芸教室

◆コース◆

電動ろくろ体験コース(90分)

※中学生以上(小学生は手びねりコース)

◆料金◆大人3,500円~

◆時間◆・09:30~11:30

    ・13:00~15:00

    ・15:30 ~17:30

※日によって違う?

もしも行かれる場合はネットのカレンダーで調べてくださいね☆

◆駐車場◆2,3台

◆その他のコース◆

湯呑絵付け体験コース 

1,200円~

てびねりコース(90分)

3,500円~

◆アクセス◆

陶芸教室周辺

15:30~のコースを予約したのですが、30分早く到着。

前のコースがまだ終わってなくて駐車場が空いてない💦

 

時間をつぶす為に奈良公園の鹿と遊んで、また戻ってきました★

f:id:yukinekokei:20190724134024j:image

かわゆい (っ´∀`c)

 

今回は行きませんでしたが、

f:id:yukinekokei:20190725074304j:image
f:id:yukinekokei:20190725074301j:image

奈良の大仏さんで有名な東大寺もすぐ近くです★
f:id:yukinekokei:20190725074307j:image

鹿まみれになれますよ(っ´∀`c)

外観・内観

教室は奈良公園から数分の場所にある住宅地。

f:id:yukinekokei:20190724120238j:image

道は少し狭め。5軒隣の角に駐車場があります。

詰めたら3台駐車できました。

 

ここから奥へ入ると工房があります。

 

ドアを開けて室内に入ると、
f:id:yukinekokei:20190724120227j:image

電動ろくろーー!!ヾ(*'∀`*)ノ 

 

12台あるので、予約は12人までOKです。

 

今回の参加者は6名でした★

服装など

事前メールより。

 

土で汚れる可能性があるので、

・汚れてもよい服装。長い爪はやりにくい。

・靴も汚れる恐れがあるので注意。

・髪の長い方は髪留め持参。

・足を開く姿勢で制作するため、短いスカートは避け、パンツスタイルがよい。

 

Tシャツ、ゆるパンツ、クロックスで出陣しました(。・x・)ゞ

電動ろくろの使い方

先生は50歳前後の男性でとても感じのよいおもしろい方です★

この日の生徒は彼を師匠と呼んでいたので、師匠とします。

f:id:yukinekokei:20190724120159j:image

使い捨てエプロンは30円。

f:id:yukinekokei:20190724141357j:image

でっかい粘土の塊がドーンと用意されています。

 

最初にろくろの使い方から教わりました。

f:id:yukinekokei:20190724193428j:image

右のレバーでろくろを回したり止めたりできます。

ペダルを使えば足でも操作できます。

 

まずは師匠のお手本を見てコツを覚えてから、各自で自由に作っていきます。

 

てか、手がドロドロなので師匠の写真しかありません。笑

 

まずはボールのお水で、手をたっぷり濡らします。

f:id:yukinekokei:20190724120224j:plain

最初の粘土の塊からコネコネしたり、手で挟んで伸ばしたり。

ちょっと力を加えるだけで形が変わる。

感動~~ ゚+.(っ´∀`)っ゚+.

 

師匠「ここら辺くらいで1作品できるかな」


f:id:yukinekokei:20190724120243j:image

師匠が粘土に手を添えていきます。


f:id:yukinekokei:20190724120204j:image

師匠「両手で包み込んで~親指を押し当てて~」

 

みるみる形が変わっていきます!

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120252j:image

押さえながらろくろを回していくと簡単に穴が開いていきます。

 

師匠「ここまできたら~指の力を抜いて~」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120254j:image

師匠「口の方でまた抑えて~」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120249j:image

師匠「ええ感じになってきましたね!」

師匠「さらに伸ばす~」

 

生徒一同「おおーーー!!」

 

生徒A「まだ伸ばすんですか~キャッキャ」

 

師匠の喋りが楽しくて、和気あいあいです。笑


f:id:yukinekokei:20190724120257j:image

師匠「大きくなったら手を突っ込んで両手で挟む~」

 

生徒「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120221j:image

師匠「土台を作りたい場所をぐっと押さえたらこうなるよ~」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120235j:image

師匠「口を指で軽く抑えるだけで広がっていきますよ~」

 

生徒一同「おおーーー!!」

 

f:id:yukinekokei:20190724120212j:image

「お皿を作りたければこうやって広げていけばいいですよー」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120300j:image

師匠「こうやってぐねぐね~っとなったら」

 

生徒一同「あぁぁ~~」


f:id:yukinekokei:20190724120201j:image

師匠「先の尖ったこいつをチョンとあてれば」

 

生徒一同「ほおほお」


f:id:yukinekokei:20190724120240j:image

師匠「簡単に上だけ綺麗に取れますよー」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120206j:image

師匠「この布で上を抑えると滑らかな口になります」

 

生徒一同「ほおほお」

 

f:id:yukinekokei:20190724120214j:image

師匠「スポンジで中をこうやって、そっと押し当てると綺麗になりますよー」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120233j:image

師匠「回転を緩めて、この糸をチョンと当てるだけで自然に糸が回転して」

 

生徒一同「ほおほお」


f:id:yukinekokei:20190724120302j:image

師匠「切れてくれますよーそして指を底に挟む」

 

生徒一同「おおーーー!!」


f:id:yukinekokei:20190724120218j:image

師匠「はい1つ出来上がり!」

 

生徒一同「おおおお!!!」

 

大盛り上がりです。笑

 

こんな感じでそれぞれもチャレンジ★

 

何個作ってもOK!

粘土が無くなったら、また新しく用意してもらえました。

 

師匠のようにはなかなか行かず、ぐちゃぐちゃになれば

「師匠!!助けてーー!!」

の合図で助けてくれます。笑

 

「師匠ーーー!!」

「師匠ーーー!!」

「師匠ーーー!!」

 

師匠は忙しそうでした。笑


f:id:yukinekokei:20190724120247j:image

最後に作った作品は糸切りに失敗し底に穴が開いてチーン。

右上にはぐちゃぐちゃになった粘土の残骸。

f:id:yukinekokei:20190724120612j:image

最後見渡すと、みんな粘土の残骸を抱えていた。笑

 

ちなみに、この失敗した残骸は、手元の粘土と合わせてはいけません。

粘土の硬さがバラバラになったり、空気が入って後から割れるらしいです。

色を選ぶ

f:id:yukinekokei:20190724220223j:plain

5種類の中から好きな色を選びます。

私は一番右の白に青がかかったような色にしました。

 

出来上がり&料金

f:id:yukinekokei:20190724120231j:image

一人3,500円の料金の中で、作った1つを選べます。

 

私は真ん中のカップをチョイス。

取っ手を付ける場合は、後から師匠が付けてくれるとのことだったのでお願いしました★

 

他の作品も追加したければ、1つにつき800円プラス

そして、それぞれ地域によって違う送料をプラス

2か月後に送ってもらえます★

(取りに行ってもよい)

 

他の1カップルは作った10個全部送ってもらってました。笑

最後に

初めての電動ろくろ体験でしたが、意外と形になりました。

いや、ほんと1時間半なんてあっという間。

時間を忘れるくらい、

めっちゃくちゃ楽しかったです!!

+(人*´∀`)

 

奈良公園や奈良の大仏さんのある東大寺も近いので、旅の素敵な思い出の品になると思います★