雪猫の軽滑★ブログ

スノーボード、グルメ、旅、車中泊を愛車の軽で♡

【つぶやき】広島原爆の日。被爆者だった祖父母。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ポチリシテホシイナー

こんにちは、雪猫です(๑❛ᴗ❛๑) 

 

今日は原爆の日ですね。

 

私は広島で生まれ、広島で育ちました。 

 

広島の子は、幼い頃から学校などで色んな知識を得ています。

今は分かりませんが、私が子供の頃は、図書室には色んな原爆の本や漫画が置いてありました。

平和公園にも遠足で行っていました。

今は撤去されたけど、指の皮膚が剥がれて垂れ下がっている像が、子供には強烈すぎて今でも脳裏に焼きついています。

 

大人になって県外の人と話すようになると、原爆の歌(原爆を許すまじ)が歌詞を見ずに歌えることに驚かれました。

県外の学校では、私達が普通に習っていた歌や内容は、それほど教えられてはいないんだなと感じました。

 

74年前のあの日、亡くなった祖母はこの山の向こうに、きのこ雲を見たそうです。

f:id:yukinekokei:20190731201841j:plain

うちの実家は原爆が投下された市内からは、車で1時間の場所にあります。

 

こんなに遠く離れた場所からでも見えた、きのこ雲。

原爆がいかに激しかったのかが分かりますね。

 

祖母は前日の8月5日まで里帰りをしていました。

自宅から市内の中心地を通過しての里帰りです。

 

8月6日の午前8時15分。

広島に原子爆弾が投下された、まさにその時間、爆心地を通過して自宅へ戻る予定でした。

ですが、急遽8月5日に自宅へ戻らなくてはならなくなり、助かったのです。

 

そして、自宅からこの山の向こうにきのこ雲を見たそうです。

 

父はまだ生まれていなかったので、この時偶然に祖母が1日早く自宅へ戻っていなかったら、私はこの世にはいなかったでしょう。

 

 

祖父は大工をしていました。

 

原爆が落ちたその時は、広島駅で仕事をしていたそうです。

爆心地からは、そんなには離れていない場所です。

被爆はしましたが、丁度建物の影になり助かったそうです。

 

なかなか自宅に戻らない祖父を、祖母は心配して探しに出たそうです。

 

そこで祖母も被爆しました。

 

祖父母とも日本人の平均寿命までは届かずに天国へ旅立ったので、もしかしたら影響はあったかもしれません。分かりません。

 

 

焼野原だったなんて、今の広島の景色からは想像もつきません。

祖母が生きていた時代なので、そんなに遠くはない過去です。

何かのきっかけで・・・なんて考えると怖い。

同じ過ちを繰り返さないようにしないといけませんね。

 

日本と世界が平和でありますように。

合掌。

 

 

あ、なんか昨日までベーコン戦争とか書いててちょっと不謹慎だ(゚ω゚)

あれは、私の脳内なので💦